2007年03月09日

確定申告の訂正はどうする?

確定申告はもう済んだのですが、最近確定申告の話題が時期柄多いのではたと思い直したところ、ひょっとして確定申告が間違って申告されていたらどうしたらいいのか?.....

調べてみました。 ちょっとまとめてみると

@確定申告の期限内ならば(所得税は3月15日、消費税は3月31日まで)正しい確定申告書を提出すればOK
     ↓
  確定申告書の上段に「訂正申告」書く


A申告期限が過ぎた時

イ)税額が減る場合→「更正の請求書」を書き税金の減額を受けましょう

減額対象は 
      ◆納税金額が多すぎる時
      ◆還付される金が少なすぎる時
      ◆所得などの赤字の時(純損失等の減少)

更正の請求書は1年以内に行う。但し、収入金額が回収できなくなったときなどは1年を過ぎても事実があった翌日から2ヶ月以内ならばOK.


ロ)税金が増える場合→「修正申告書」を書き税金の増額をうけることになります。

増額対象は 
      ◆納税金額が少なすぎる時
      ◆還付される金が多すぎる時
      ◆所得などの黒字増加の時(純損失等の増加)

修正申告は税務署に提出。更に特に申告の期限はありません。
しかし、一度、提出したら、あとから訂正はできません。

個人的にはあまりこういうの出したくないですが.....
仮に、税務調査等があった場合 会計処理の誤りが見つけられた時にはこの加算税が課されてしまいます。

ここで気をつけたいのは、仮に修正申告しなければならないのに、正当な理由がなく、修正申告しなかった場合、過少申告加算税がかけられてしまうことです。

逆に言うと調査などがなく 誤りに気づき自主的に修正申告をした時はこの加算税はかかないということですね。

要は、誤りは、正直に自主的に訂正していれば大丈夫ということですね。

私の場合は、見直しましたが大丈夫みたいでした。

加算税は何種類かありますが、国税庁のホームページでは判りづらく、とても時間がかかりますので、検索エンジンで単純に「加算税」で検索したほうがわかりやすく解説しているサイトがありますのでそちを参考にしましょう。

もっと、判りやすくしていただけないでしょうか?国税庁さん!


★FC2 Blog Ranking★
posted by とりかい at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 税金

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。