2007年03月29日

労災申請。微妙な雰囲気

在宅日記(晴れ)

仕事や集金途中に病気や怪我をした時、労災病院や労災指定病院などで無料の治療をしてもらえたり、一般の病院での治療でも治療後に給付を受けられるのが「療養補償給付金」いわゆる労災ですが、この制度ど利用するためには
@会社の仕事途中の場合は「業務災害」として「療養補償給付たる療養の給付申請書」を A通勤途中の場合は「通勤労災」として「療養給付たる療養の給付申請書」を病院経由で所轄労働基準監督署へ提出することが必要です。

さて、ここで問題です。実はこの制度を利用すると労働基準監督署が会社に立ち入り検査をする場合があるので、会社側としてはあまりこの制度適用したくは無いのです。以前私が勤めていた会社の仕事中に人差し指を7針縫う怪我をした時、この療養補償給付制度を利用しませんかと病院側からいわれましたが、会社側に相談すると、そのための書類を記入する際始末書を書くようにいわれました。

当時、私も管理職に近い立場でしたので、始末書を書くくらいならということで、この療養補償給付は申請しませんでしたが、今考えると当然の権利を放棄した私も悪かったと反省しています。
皆さん、こんな経験はありませんか?実際はこんな制度があっても社内的な雰囲気が影響するので微妙ですよね...

在宅日記
★FC2 Blog Ranking★
posted by とりかい at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。